近隣施設の「元気ハウスさん」のご協力により
念願の芋ほりが実現しました。

普段、「何もできなくなった」「歩けなくなった」とおっしゃるご利用者も
軍手そっちのけで芋ほりに夢中。職員が見習うほど器用に芋を掘っています。

パプリカ畑でのひとコマ。今回は学童の先生も同伴。みんないい笑顔!

やや小ぶりではありますが自ら掘った芋は格別。
しっかりと乾燥し、学童の子どもやサ高住の入居者さん
デイのご利用者を巻き込んで何をしたいかなぁ?

皆さんに聞いてみよう。

「元気ハウス」の皆様ありがとうございました!